top of page

「英語のエレメンタル」講義レポート 第30回


Hi there!👋🐺です。小学英語基礎コース「英語のエレメンタル」の講義レポート第30回をお届けします。

今日は「英会話10秒特訓!!」の日です。第4章「火のエレメンタル」で学んできた文法事項を活かして、出された日本語を10秒以内に英語に変えてアウトプットする訓練を行います。

命令文のアウトプット練習では、命令口調のプロフェッショナルであるムスカ大佐をゲストにお招きして、彼の台詞を真似しながら命令文のおさらいをしました。

過去時制では、不規則動詞を完全暗記した上で、日本語に合った動詞を瞬時に言えるかどうかが鍵になります。覚えた知識を即時アウトプットできる状態になるまで暗記をやり込むことは、英語に限らず何の勉強をするにあたっても大切なことですよね。 🐺「コレカナ?アッチカナ?って散々ウンウン迷ってたまたま当たったレベルじゃ『覚えた』とは言わねえんだよ!自信持って即答できるまではインプットとアウトプットを繰り返せ」


――なんてふうに、私も中学生相手にしょっちゅうゲキを飛ばしています。(泣かせない程度に😅) 頭というのは。 使わなければどんどん錆び付いていくもの。 幼いときから「覚える」という行為から逃げ回り、頭に負荷をかけることを避け続けていると、本当に覚えられない頭になってしまいます。 受験の必要に迫られ、重い腰を上げて塾に通い始めたはいいものの、脳に知識が刺さっていかず、覚えては忘れ、忘れては覚え・・・を繰り返して、同じ単元の無限ループにハマってしまうという事例は珍しくないです。 それが精神的・性格的な部分に原因があるのか、それとも脳科学的な要因があるのか、専門家ではない私には分かりません。ただひとつ経験則として言えるのは、 「頭は使わなければ錆びるぞ!!」 ということです。ヌボーっと生きてる場合じゃないですよね!でないと以下のようなトレーニングについて来れなくなるぞ!



寺子屋リンクスでは、小5と小6を対象にした英語講座を毎週1回行っています。目標は「中1の最初から教科書をスラスラ読み書きできる状態でスタートできること」、そして「英語を得意教科にすること」! 第二期の開講時期を変更しました。第二期は令和5年の夏を予定しています。Join us and enjoy learning English!👍 ここまでお読みいただき、ありがとうございました👋🐺

◆「英語のエレメンタル」についての記事はこちら!


◆寺子屋小学部のご案内はこちらから


■□■□ 寺子屋リンクス ■□■□

青森県三沢市美野原一丁目10-15

【ブログトップページ】

【ウェブサイトのトップへ戻る】

■□■□■□■□■□■□■□■□■

Comments


bottom of page