• 寺子屋リンクス

王道の勉強習慣(2)


「王道の勉強習慣」とは何か。


普通の勉強ルールである。 以上。



……という説明でさすがに終わる訳にはいかないだろう。もう少し詳しく説明したい。

寺子屋塾生には、王道の勉強習慣として、以下の7つの行動に基づいて勉強を実践してもらっている。


1.教科書読み

2.問題演習

3.丸付け

4.ミスの記録(マーク)

5.反省と改善

6.再演習

7.試験前最終演習


やはりいたって普通の勉強ルールである。当たり前すぎるといってもいい。「寺子屋が独自開発した究極の●●メソッド!」などと豪語して一発当ててみたい気もするが、これじゃ当たり前過ぎて無理だろう。チッ。


だが、その「当たり前」の勉強を、何の手ほどきも受けていない子どもたちが、どれほど実践できているのだろうか。私はそれを問いたい。


小学校は中学年あたりから、いつのまにか「ひとり勉強ノート」なる宿題が、突如フワッと浮上してきた。しかしながら、何をどのように「ひとり勉強」すれば良いのか十分に指導を受けないまま突然「ひとり勉強ノート」が始まり、なんとはなしに課題に指定される。


右も左も分からない子供たちは、とりあえず教科書に書いてあることを、綺麗な字でノートにみっちり書き写すことからスタートする。あるいはそれ自体が指示された行為なのかもしれない。綺麗な字で隙間も空けずに教科書を写せば、先生は「とてもよく頑張りましたね!」と評価してくれるから、子供たちはそれが「ひとり勉強」だと思って、何年もそのような教科書の模写を続ける。


しかしその間、頭は全く使っていないのである。

一生懸命手は動かしているけれども、肝心の頭が回転していない。

試行錯誤がない。

自分で問題を解いて、自分で丸付けをすることがないから、自分の分からないことが分からない。

何が分からないのか自覚がないから、何かを自分で調べて新しいことを知ろうという発想に至らない。

新しい知見を獲得しないから、苦手な所は苦手なまま放置される。

勉強の借金は雪だるまのように膨れ上がっていく。

しかしそれを自分でどうにかする術がない。


担任の先生から与えられた宿題だけを捌いて、それらの苦手を克服しようとはどだい無理な話である。まずは本人に明確な自覚がなければ。


そんなわけでたいていの子は、一見すると当たり前のように見える勉強行為も、実際にそれをするのはかなり難しい。また、やらなければならないと頭では分かっていても、面倒臭かったりついつい自分に甘くなったりして、自分の意思でそれを継続していくのは至難の業じゃないだろうか。それは私たち大人だって、ついこの間のことのように記憶に新しいはずである(大人は永遠の少年/少女ですからね)。


だからこそ、その習慣をいちから鍛える必要があると、私は思う。

なんとかラーニングシステムとか、プロ講師が親身になってする個別指導とか、そんなスンバラシイ塾のサービス(皮肉)も、学ぶ子ども自身の勉強の体幹がしっかりしていなければ、目の粗いザルのように流れ出ていく一方だから。


王道の勉強習慣は、そうして確立された。


(次回に続く)


■□■□ 寺子屋リンクス ■□■□


青森県三沢市美野原一丁目10-15

【ウェブサイトへ戻る】

http://www.links-s.xyz/

【Twitter】

https://twitter.com/KatekyoLinks


■□■□■□■□■□■□■□■□■