寺子屋リンクスの小学部と中学部。

 学年は違っても、「自分で学んでいく力を身につける」という目標は、塾生みんな同じです。

 その中でも小学部では、中学・高校との学習内容のつながりを見越し、数年先までの成長をしっかりと支える基礎学力の育成に注力します。

 早くから勉強のひとり立ちができるように、全力でサポートします。

DSC_0915_edited_edited.jpg

小学部と中学部

塾生の共通目標は

「内面からの学力向上」

合言葉は、

「反省と改善」です。

小学部

目指せ!“ひとり勉強の達人”

 「自分で計画を立てる」「受け身の姿勢を捨てる」「ミスから学ぶ」という勉強の基本姿勢は、寺子屋の塾生ならば学年の区別なく、全員が身につけるものです。したがって基本的な指導方針は、小学部と中学部で変わりありません。
 しかし、ひとり勉強習慣の真の自立のためには、自ら教科書を読んで内容を解釈する言語能力の土台や、解説書に書かれている計算式の意味を納得できるだけの柔軟な数理感覚を持たなければいけません。ひとり勉強には、行動の癖づけだけでなく基礎学力も必要なのです。

​

​対象学年

​小学4年生から小学6年生まで

​

​曜日・時間

​月・火・木・金開講(週4日)

16時00分から18時10分まで

週2回以上の通塾を基本とします。

 

​おもな小学部のメニュー

宿題やろうぜ!

  夕方4時から指導が始まるまでは、学校の宿題を持ち寄って進める自由学習時間です。取り組みが雑にならないように、ちゃんと塾長が見守ります。もちろん分からないことは質問OKです。

​

基礎3科指導

 いわゆる思考力と呼ばれる、物事を客観的に捉え筋道立てて考える力。その土台を作る最重要科目である、母語の国語と科学的思考の算数。これに積み重ねの英語を加えた計3科の学びを支援します。
 寺子屋では一貫して基礎の体得を重視していますので、無理に現行学年の内容にこだわらず、その子の実力に見合ったレベルから始め、ひとつずつ丁寧に基礎を積み重ねていきます。使用する教材も1人ひとりに合わせて選びます。

 

  

勉強習慣コーチ

​ 自己流に染まった勉強“風”の作業や、大人の誤った指導による学習効果の低いノート使いを改め、同じ1ページでより充実した学習効果が得られるように家庭学習の中身を改善していきます。
 教科書や辞書、地図帳などの資料の活用は当たり前。どうしても分からなければ、恥ずかしがらずに質問しましょう。それも立派な“ひとり勉強”の力です。
 問題を解いたら、自分で丸付けをして「反省と改善」を行います。勉強をただの〇×合わせで終わらせず、失敗から学び、次へ活かす思考習慣をゆっくり丁寧に育みます。

 

中学部

“自律”と“自立”の第一歩。

 毎日の授業。教科別のワーク進行。家庭学習ノート。定期テスト対策。部活と行事。そしてその先に待ち受ける進路選択。中学生の生活は想像以上に目まぐるしく、気がつけばあっという間に卒業後の進路を考える時期がやってきます。

 寺子屋リンクスの中学部は、そんな中学生の日々の勉強を、全面的にバックアップ。毎日のワークの進行管理からテスト返却後の反省と改善まで、学業の“自律”と“自立”を1日でも早く実現できるよう、塾生の背中を押していきます。自分の行動を責任を持ち、胸を張って自らの進むべき道を決められる人を目指しましょう。
 

​対象学年

​中学1年から中学3年生まで

(※新規入塾の受付は中2までで締切)

​

​曜日・時間

​毎週月・火・木・金・土開講(週5日)

平日:18時30分~21時30分の中から選択(120分)

土曜:14時~20時30分の中から選択(120分)

週3回の通塾を基本とします。

 

おもな中学部のメニュー

五科指導

​ 「学力の基盤は教科書の理解から」を信条としている寺子屋リンクスでは、学校の教科書準拠ワークを最大限活用しながら各教科の指導を行っています。
 まずはワークの問題をマスターすること。塾教材は、類似問題の反復が必要な子や、問題の幅を広げてさらに高得点を狙う子に、必要な教科分だけ手配します。
 また寺子屋では、ワークや塾教材と家庭学習ノートが互いに連動しています。教室で指導を受けた問題は、次回までの家庭学習の課題として「ミッション」に組み込むことが基本方針。これにより「教わりっぱなし」や「分かったつもり」を防ぎ、ひとりで行う家庭学習にも目的と意義を持たせながら、学習内容の確実な定着を図っていきます。

​​

勉強習慣コーチ+

 毎日が忙しい中学生にとって、ワークの適正な進行管理と家庭学習ノートの内容選定は最重要項目です。
 学校で履修済みの単元は、ワークで復習するスケジュールに遅れがないように。なおかつ家庭学習ノートを無駄なく効率的に活用しつつ、定期テストには余裕を持って臨めるように。塾長がペースメーカーの役割を担います。
 日々の忙しさにかまけていると、「反省と改善」の思考や「分からないことをそのままにしない」「できるまでは粘り続ける」といった勉強の基本精神をつい忘れてしまいがちです。中学生の間に正しい基本の勉強姿勢を体得した状態で高校へ進み、さらに上位の勉強にも耐えてゆける強い人を目指して下さい。